ハリウッド映画のSFやファンタジーについて

映画を見ることが趣味という人もたくさんいますが、そのなかで日本映画だけではなくハリウッド映画に興味を持っているという人も少なくありません。

そのなかでSFやファンタジーというジャンルがありますが、現在では年齢や性別に関係なく愛されるようになっているのがアニメーションになります。日本のアニメーションは世界に受け入れられているという印象がありますが、ビジネスとして成功を収められている作品はほんの一握りに過ぎません。

最近のハリウッド映画の特徴としては、ファンタージーやキャラクター志向となっています。ファンタジーにはどのような意味があるのかというと、ギリシア語のファンタシアに由来しているとされています。幻想というのが一般的な意味となっていますが、文学の中では夢想的なもの全般をさします。具体的には非日常であったり、夢や空想や魔法や妖精や異次元やSFという世界を表現したものと定義することができます。

『ハリー・ポッター』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』というようなハリウッド映画は、ファンタジーやキャラクター志向が強くなっています。

今まではスター俳優が中心となって製作されていた映画ですが、収益方法が多様化することで、アニメと似たようなビジネスモデルであったり作り方が行われるようになっています。

昔からこのような傾向があったわけではありません。50年以上前はスターで未設映画というのが主流で、ファンタジーやキャラクター志向ではありませんでした。その黄金期は1930年代から1940年代となっています。そのなかで1950年のSF映画ブームによって社会的認知度も高くなってきたという背景があります。

そしてアニメーションに偏見を持たない監督が登場したことで、これらが映画の主役となっていきます。1990年代にはCG技術が大きく進歩し、映像の表現領域が大きくなり、ファンタジーやSF映画が大きく発展していきます。その代表的な作品が『ジュラシック・パーク』といえます。